自分の土地や持ち家を持つことができる

自分で理想の土地の上に家を建てられる

都心に住む上で注文住宅を持つメリットとしてあげられているのは、自分だけの土地や持ち家を持つことができることでしょう。賃貸物件とは異なり、自分だけの物件を手に入れることができます。土地を既に手に入れている場合を除き、土地、家屋を自分の希望している形や広さで家を作ることができるため、広々とした家で理想どおりの間取りの家に住むことが可能です。土地を自分で位置から探すことができるから、価格面で納得出来る広さや間取りを考えて購入することができます。土地と建物がセットになっている建売住宅よりも、はるかに自由度の高い家造りができるでしょう。多少買った土地が狭くても、間取りや構造によって快適な暮らしが可能です。

資産として取り扱うこともできる

また、都心に不動産という財産を手に入れることができたことで、税金がかかるだけではなく、将来面で金融機関に資産を保有していると認められやすいでしょう。そのため、万が一の時にも返済できる能力があると判断されやすく、融資をしてもらえるチャンスにつながりやすいです。さらに、土地・家屋とも都心であれば比較的高値がつきやすく、万が一の時には売却できる資産となりやすいのも特徴といえます。そのため、持っているだけでも社会的な信用を得られて快適に暮らすことができることから、多くの面でメリットにつながりやすいです。耐震性の高い注文住宅に仕上げることで、快適な住まい作りのサポートがなっていると考えられ、多くの人が手に入れたいと考える家になるといわれています。